葉酸が不足するとどうなる? | 妊娠前、妊娠中に葉酸サプリメントを飲むおすすめ情報


葉酸ってどんな効果があるの?
妊娠中の母体や胎児に欠かせない栄養成分である葉酸、
それが妊娠前、妊娠中におすすめである理由について
解説しています。

葉酸が不足した場合について

葉酸が不足するとどうなる、ということは、意外に知られていないようで、葉酸の重要性が分かっていない方も多いでしょう。

葉酸の基本的な働きと言うのは、ビタミンB1とともに赤血球を増やして造血したり、細胞の分裂を促進するというものです。つまり、血液や細胞に関わっているものなので、妊婦さんでなくとも必要な栄養成分となります。人間は、何歳になっても細胞や血液を新しくしていかなくてはいけません。そのために必要なのが葉酸になるのですから、妊婦さんはもちろん、妊娠していなくても意識して摂取をすることが大事になります。

昔の日本人の食生活では、葉物野菜をたっぷり摂ることが多かったので、葉酸が不足することはないと言われていました。でも、いまの食生活を見ると、葉物野菜をたっぷり摂る食事をしている人はとても少なくなっています。また、葉酸と言うのは、光にも水にも弱いという性質があるので、茹でてしまうと水に流れ出てしまいます。ですから、葉物野菜を調理した場合、その汁まで飲めるような料理でないと、摂取することが出来ないのですね。

その葉酸が不足すると、赤血球の生成が低下するた、悪性貧血を起こしてしまいます。すると、赤ちゃんにはもちろん、自分の体にも酸素や栄養が行き渡らない状態になります。また、細胞分裂も衰えてしまうので、体内の老化や肌の老化も早まります。赤ちゃんにおいては、細胞分裂が出来ずに成長が悪くなってしまいます。葉酸不足は、このように人間が健康でいるための状態を阻害するということなのですね。