妊娠中期にも葉酸を飲んだほうが良い? | 妊娠前、妊娠中に葉酸サプリメントを飲むおすすめ情報


葉酸ってどんな効果があるの?
妊娠中の母体や胎児に欠かせない栄養成分である葉酸、
それが妊娠前、妊娠中におすすめである理由について
解説しています。

妊娠中期にも葉酸を飲むべきかについて

妊娠の初期に葉酸を摂取した方が良いと言うのは、神経管欠損症(NTD)による胎児の先天性奇形を予防するためです。NTDは、受胎してから1ヶ月以内に発生すると言われているので、妊娠がわかった時点では、はっきり言って遅いかもしれません。でも、葉酸が不足すると、細胞分裂が衰えたり、DNAが正常に複製されなくなったりします。

基本的に、日本人の食生活は葉酸が不足しづらいと言われているものの、近年は食生活が欧米化しているので、葉酸が不足していることの方が多いのですね。しっかり細胞分裂してDNAも受け継がなくてはいけない妊娠初期は、やはり葉酸が必要です。ですから、NTDは防げないにしても、妊娠をしたら葉酸の摂取が重要となるのですね。

ただ、葉酸の効能と言うのは、NTDの予防や細胞分裂の促進、DNAの複製だけではありません。他にも、赤血球を製造したり、消化器官の粘膜の生成などにも必要となります。また、母乳の出を良くするという働きも持っています。つまり、妊娠初期を過ぎたからといって、葉酸が必要なくなるということではないのです。

だけど、葉酸の情報の中には、妊娠中期以降に葉酸を摂取すると、子供に悪影響があるなんてものもあります。これは、結論から言うと眉唾ものの情報です。確かに、過剰摂取は良くありませんが、摂取量を守っている限りは悪影響などありません。それより、葉酸が不足すると、重度の貧血になるのでその方が問題です。ですから、妊娠中期であっても、葉酸はしっかりと飲み続けましょう。