葉酸は妊娠してからいつまで飲む? | 妊娠前、妊娠中に葉酸サプリメントを飲むおすすめ情報


葉酸ってどんな効果があるの?
妊娠中の母体や胎児に欠かせない栄養成分である葉酸、
それが妊娠前、妊娠中におすすめである理由について
解説しています。

葉酸の妊娠してから飲む期間について

葉酸は妊娠してからいつまで飲むかというのは、コストの面でも、体や胎児への影響を考えても気になるものでしょう。

妊娠をしたら葉酸を摂取した方が良い、と言うのは妊婦さんの間では常識になってきていますね。ただ、妊娠初期には葉酸を積極的に摂取するのはいいとして、いつまで飲みつづければいいのか、という疑問もあると思います。胎児には、摂取しすぎてはいけない栄養があります。

例えば、ビタミンAは妊婦さんには何の影響もないのですが、胎児には影響を与える栄養成分になります。ビタミンAを妊娠初期に摂りすぎると、奇形になってしまうリスクが高くなるのです。このように、妊娠中は普通なら栄養となるものが害になることがあるので、葉酸に関しても気になる方も多いでしょう。

ただ、葉酸に関しては、いつまででも飲んでいて良い栄養分になります。妊娠初期に葉酸を積極的に摂取した方が良いという理由は、この時期に胎児の神経系統が形成されるからです。葉酸は、神経系統の形成に必要な成分なので、妊娠初期には絶対に不足させない方が良いのです。

また、妊娠初期は胎児の細胞分裂が最も盛んです。葉酸はDNAの生成にも働く補酵素になるので、細胞分裂のためには必要不可欠です。ですから、この点だけで見れば、妊娠してから3ヶ月ぐらいまで飲んでいれば、後は摂る必要はないと言えます。

でも、葉酸は胎児だけでなく、乳幼児の発育にも良い影響を与えます。だから、妊娠初期は必要摂取量の400μgを摂取して、妊娠4ヶ月以降は240μgを目安に摂取し続けるのがオススメです。